そもそも古着とは?

そもそも古着とは?

古着と一言で言っても色々ありますよね。

何となくイメージが着くと思いますが人によってイメージが違うと思うので曖昧だったりします。

では結局のところ古着とはどういうものなのでしょうか?そこを見ていきましょう。

古着とはどんなものか?

古着とはズバリと表すのならで人が1度着た服を指します。

最近の言葉で言うとユーズドというものになりますね。

1度人が着た服であるならばファストファッションの服であろうが昔のハイブランドの服であろうが古着になります。

極端に言ってしまえば、昨日買った新品の服もお店で売ればそれはもう古着となってしまうワケです。

しかし現在使われている古着という言葉は、この定義のような単純なものではなくなっています。

ではどういうことに思われているのでしょうか。

ヴィンテージの存在

ヴィンテージという言葉を聞いたことはありませんか?ワインとか家具とかでもそうですが昔の商品なのに価値があるものです。

これはどうしてかというと年月を経て程良く味わいがでたものを指し、商品自体に価値が付与されています。

そのため古い商品でも人の手に渡ったとしても価値が落ちることはありません。

これは服にも同様のことが言えます。

ただし販売されてから数十年以上の歳月をかけてないといけませんし、商品自体のデザインや品質がよくないとヴィンテージにはなりません。

つまりファストファッションではヴィンテージになりえないです。

年代物であり、且つ限定された年代に作られた逸品であるという事が条件といえるでしょう。

一般的な古着

それとは逆に一般的な古着というのがあります。

こちらのほうが想像をしている人が多いかもしれません。

昔の商品ではあるがデザインや品質がまあまあよいとか今でも通じるとかそんな服が古着として出回っています。

そしてヴィンテージに比べて比較的新しい年代に製造されているものですね。

ヴィンテージの商品はものによっては異常に高かったりするのですが、古着はそれに比べて遥かに安いです。

まとめ

曖昧な古着の定義ですが何となくわかってくれたでしょうか?おおまかに2種類の古着があるということがわかりましたね。

もっと細かく分類すると他にもあると思いますが、これくらいを理解していれば問題はないと思います。

ビンテージバイヤーカレッジを受講すればこういう細かいことを覚えなくても稼げるようになります。

それはどうしてかというと物の価値の本質を教えてくれるからです。

TOPページを見る