副業にデメリットはある?

副業にデメリットはある?

副業が注目を浴びているのはご存知かなと思います。

政府も副業を推奨していますしね。しかし、これだけ話題になっている副業ですが、もしかしたらデメリットがあるかもしれません。

ある程度デメリットを理解しておかないとチャレンジできません。

では副業で起こり得るデメリットはどんなものかここで上げておきたいと思います。

自分で許容できる確認しておくと大事です。

副業で考えられるデメリット

では実際のデメリットはどういうものがあるのでしょうか?みていきましょう。

身体的に疲れてしまう

本業とそして副業と始めるので通常のときより疲れるのは当たり前です。

使う回路が違うのでどうしても普通よりは疲れやすくなりますね。

副業によりけりですがリラックスできる時間が減ると疲れは抜けにくくなります。

昼と夜で仕事をすることになってしまうと睡眠時間や休養時間がなくなってしまうことも考えられます。。

これに移動時間も重なると肉体的にも精神的にも疲れが増えてしまいます。

気力や体力がなくなると本業にも差し支えがあります。

ですのでしっかりと自分の体力と相談してみることが大事なことになります。

勤務先が副業禁止

正社員として働いている場合は社内に就業規則という会社の決まりがあります、この規則を破ると罰則や最悪の場合は解雇になることもあったりします。

会社によっては当たり前ながら副業を就業規則で禁止している会社もあります。

それを知らずに副業をしてしまうと大変なことになります。

だから就業規則をしっかりと確認しないといけません。

それだけではなく会社以外からもお金をもらうと税金も変わってきます。

アルバイトの場合はそれほど厳しいルールがないことが多いのです。

中には企業と同じように掛け持ち禁止というアルバイトもあります。

のちのちのトラブルにならないように事前に確認しておきましょう。

本業との兼ね合いは見ておくことと余計なトラブルを避けることができます。

ビンテージバイヤーカレッジなら副業も安心

副業にはそれぞれデメリットがあるということがわかりました。

体力的なことや制度的なことが多いと思います。

このあたりが手間となるのは間違いないかもしれません。

しかしビンテージバイヤーカレッジはどこでもいつでも30分程度の時間があればいいので精神的にも肉体的にも疲れることが少ないです。

そのため体にも優しいのでデメリットをなくすことが出来ると言えるでしょう。

TOPページを見る